1,000平方キロメートルもの広さのペナン島は、マレーシアの中でも外国人に人気のある場所の1つです。ペナン島の人口は70万人で、首都クアラルンプールは150万人です。ペナン島ではマレーシアの他のどの場所よりも、都市生活とビーチ生活の両方を組み合わせることが可能です。ペナン島は多くの料理店があり、グルメ天国として知られています。

居住用物件の購入を希望される方は、ペナン島の価格がクアラルンプールよりも一般に高めであることを注意しなければなりません。これはペナンが島であることと、クアラルンプールよりは利用可能な土地が少ないことによります。

 

賃貸料(月)一般的なコンドミニアム

ペナン島

クアラルンプール

比率

街中心部の一般的なコンドミニアム
(3室の寝室)
2,000.00 RM
3,500.00 RM
+75.00%
郊外の一般的なコンドミニアム
(3室の寝室)
700.00 RM
1,800.00 RM
+157.14%

 

購入価格(一般的なコンドミニアム)

ペナン島

クアラルンプール

比率

街中心部の一般的なコンドミニアムの価格
(1スクエアメートルあたり)
4,779.18RM
4,628.48RM
-3.15%
郊外の一般的なコンドミニアムの価格
(1スクエアメートルあたり)
3,858.86RM
3,406.68RM
-11.72%

消費者物価指数:クアラルンプール62.41、ペナン62.23

 

海外からのマレーシアへの直接投資はペナン島がリードしており、12.3パーセント成長しています。また経済は2011年に6パーセント近く成長し、マレーシアの中で2年近く製造業への投資が続いています。

ペナン島はマレーシアの海外からの直接投資の割合の28パーセントをも占めていますが(2010-11年)、人口はマレーシアのたった3パーセントに過ぎません。GDPはマレーシア全体の21パーセントを占めています。

 

ペナン島の居住用物件の価格は、土地不足により上昇傾向にあります。いま、ペナン島で物件を購入されることは、1980年代にホンコンとシンガポールで購入するのと同じ状況であり、千載一遇のチャンスと言えます。売却益を狙うならペナン島がおすすめであり、賃貸収入を期待するならクアラルンプールのほうがおすすめです。