マレーシア市場に対する日本企業の信用が回復 している

マレーシア市場に対する日本企業の信用が回復 している

マハティール・モハマド元首相が先月14日の総選挙後に首相に復帰したことで、マレーシア市場に対する日本企業の信用が回復 している。

駐マレーシア日本大使の宮川牧夫氏 は、日本の産業界は、政治的および経済的状況のリスクのために、過去3年間マレーシアへの投資に躊躇してきたと述べた。

「過去数年間の報道は、特に戦略的関与、産業政策、経済戦略において、マレーシアの将来についての良い見通しを与えるものではありませんでした。

マハティール首相が戻ってきたことを受けて、今後、日本の産業界がマレーシア産業界との積極的な取り組みを考えていくことを確認しており、非常に喜んでいる」と述べた。

日本はマレーシア最大の外国直接投資(FDI)に貢献しています。昨年、マレーシアに対するFDI株式は約130億ドルです。

宮川氏は、マレーシア新政府が発表した新しい政策は、国が債務を清算することで「家を整理する」準備を整えていることを示し、日本はマレーシアの新政権に関与したいと述べた。また、6月11日から12日まで第24回アジアの将来展望で、マハティール首相が東京を訪問した際に、安倍晋三首相と会うことを楽しみにしていると述べた。

この記事の英語リンクはこちらです。Japanese ambassador congratulates Tun M

Leave a Reply

*

captcha *