なぜ、いま海外ロングステイなのか?

いま日本では、年金問題、消費税と所得税、相続税等の改正などが控え、老後の生活費の負担増大が懸念されています。
ペナン島の物価は2012年現在、日本の約3分の1程度であり、より少ない生活費で豊かなライフスタイルが実現できます。
老後の生きがいが求められるいま、海外ロングステイこそ「第二の人生」を送るのに最適な手段といえます。


あこがれのライフスタイルをロングステイで実現!

社会保障への不安の解消:

いま日本では年金システムが破綻しつつあり、社会福祉政策が高齢者の増加に対して十分に機能しなくなってきています。

生活費の増大への対策:

今後、消費税と所得税、相続税等の改正で、とくに高所得者の方の負担が増大します。

豊かなセカンドライフ:

「第二の人生」のステージに入った方々に真に豊かで幸福な生活を提供が求められています。

低い生活コストの実現:

日本の3分の1程度の物価。一般的な世帯の年金給付は24万円程度ですが、これはマレーシアでのロングステイ申請基準を満たしています。また、マレーシアは住民税と相続税はありませんので、税金の負担面からも日本よりとても有利です。

自然災害の回避

地震や自然災害が起きた場合、マレーシアに移住するのも一つの手段です。